お悩み相談

片付けられない人の16個の特長と片付け上手になるためのたった2つのコツ

部屋を綺麗にして快適な生活を送りたい

誰しもがそのように願っているはずです。そして、それは片付けが苦手な人も同様に考えているでしょう。

しかし、綺麗な部屋にしたいのに片付けられない人は多いのも事実。

  • 「こういう性格だから」
  • 「遺伝なんじゃないか?」
  • 片付けの才能がない

などと考えてしまうかもしれませんね。

じつは、片付けられない人には共通の特長があります。今回は片付けられない人の特徴をまとめつつ、どうすれば片付け上手になれるのかを考えましょう。

片付けられない人の16の特徴

片付けられない人の特徴を16個あげました。

「あ、これ自分のことかもしれない」と思った人は、次の「どうすれば片付けられる人に変身できるのか?」を読んでください。

1.やり方がわかっていない

これがいちばんの問題のように思われます。片付けられない人の多くはそもそも片付けの方法を知りません。

片付けの方法がわからないのに、片付けができるわけがありません。当たり前です。

例えば、カレーライスを作ろうと思ったらクックパッドで調べる、お料理教室へ行く、料理の得意な人に聞くなどしてやり方を教わり練習をするのが大切です。

美味しいカレーを作るためには正しいやり方を教わり、何回も練習することが上達への近道でしょう?

片付けも同じです。片付けができるようになるためには、片付けの正しいやり方を教わりましょう。

 

2.完璧主義

片付けが苦手な人は完璧を目指しすぎているのではないかと思われます。

雑誌やテレビにあるような美しい部屋や、ミニマリストの人の部屋のようなものすごいスッキリとした部屋を目指したくなる気持ちはわかります。

こんな感じですかね?

しかし、私たちは普段生活している中で、目指している生活が異なれば持っているものや、家族構成、生活スタイルも異なります。

ですから、片付けで雑誌にあるような部屋を目標に完璧にできなければだめだと考えてしまうと片付けがうまくいきません。

また、一度片付けても最適なものの量や配置は変化しますから、そもそも片付けで完璧という考え方は存在しないのです。

今自分が片づけに使える時間を考えつつ、できる限りの努力をしましょう。

以前、「片付ける時間がない人のための1日5分で片付けができるようになる方法」という記事の中で、片づける時間がない人のための片付けの習慣をつける方法をまとめているのでよかったら読んで下さい。

あわせて読みたい
片付ける時間がない人のための1日5分で片付けができるようになる方法今回は片付ける時間がない人のための片付けの方法を伝授します。1日たった5分を使うだけで片付けができるようになりますので、ぜひ実践してくだ...

3.素直じゃない

素直に片付けの方法を学べないと片付けは苦手なままかもしれません。

いくら良いノウハウを聞いても「いや、私はこうするんだ!」という考え方ですと、片付けのノウハウを学びづらいでしょう。

また、片付けのノウハウを実践するときに、素直でない人ですと我流の実践をしてしまう人がたまにいます。

片付けのノウハウは一通り実践するとことで部屋が美しく、使いやすくなるのですが、我流で実践をしてしまうと、片付けのノウハウの効果が半減してしまいます。場合によっては逆に部屋が使いづらくなるなんてことにもなりかねません。

素直な心は片付けの近道!

4.収納グッズで解決しようとする

収納は重要です。誤解のないようにお願いします。

しかし、多くの人は収納に頼りすぎです。「収納グッズを買って収納さえできれば片付けは完璧にできる」と思っている人が多いこと多いこと。

片付けは「整理+分類+収納」です。つまり、収納だけでは片付けは完了しません。収納は片付けの最後のステップですから。

こちらの記事を読むと、収納だけすれば良いわけではないことがわかっていただけると思います。

あわせて読みたい
衣装ケース4つで洋服を納めるための整理収納の方法〜動画解説付き!〜今回は衣類の整理収納の方法について1から丁寧に解説します。 家の片付けをしようと考えている方は必ずといってもいいほど、洋服の整理収...

部屋が片付かないからといって収納グッズを買いまくるのをやめてください!

収納グッズをたくさん買っても、片付けの方法がわかっていないと収納グッズの分、余計に部屋が散らかってしまいます。

以下の記事にも関連する内容を書いているので参考にしてください。

関連記事:片付けを収納することだと勘違いしている人が多すぎる件について

5.真面目

完璧主義と似ているかもしれません。

片付けの方法を学び、実践しているものの「こうでなければいけない!」と考えてしまうあまり、なかなか片付けが進まないというケースです。

たしかに、片付けのノウハウに従って作業をきちんと、丁寧に進めることも大事ですが、まずは一通り片付けの流れを完了させることが重要だと私たちは考えています。

一回片付けて見て、納得がいかなければもう一回整理から始めください。何回も片付けることで自分にとって使いやすい環境が作れます。

私たちも同じ場所や物を何回も片付けます。具体的な内容は「引っ越しの荷造りのための書類の整理~捨てる書類はいくらでも出てくる!~」という記事で説明していますので参考にしてください。

6.性格のせいで片付けられないと思い込んでいる

「私って片付けができない性格なんだ…」と考えたり、周りに言われていませんか?性格のせいで片付けができないのだと思っていると、片付けをやる気持ちが薄れます。

片付けができないのは性格の問題以上に、片付けの方法がわかっていないことが原因です。

片付けの方法がわからなければどうやって部屋を使いやすく片付ければいいのかもわかりませんよね?

ですから、本当に片付けができるようになりたいのであれば片付けの方法を丁寧に学び、できるところから片付けを始めましょう。

7.生まれつきだと思っている

こちらも、性格のせいで片付けができないと同じ勘違い。

もう一度言います。片付けができないのは、遺伝や生まれつきの問題以上に、片付けの方法がわかっていないからです。

一部特殊なケースを除いて、遺伝で片付けができないなどの噂を信じないでください。遺伝を疑う前に自分の片付けの関する知識とスキルを見直してください。

部屋が綺麗にできなくて本当に困っているのであれば、ぜひ片付けの方法を学びましょう!

8.綺麗な部屋を見たことがない

そもそも綺麗な部屋を見たことがない人は、片付けに苦戦するかもしれません。経験が少ないと実践するのは難しいですから。

綺麗で使いやすい部屋に片付けたいけれど、綺麗な部屋をあまり見たことがない人は綺麗な部屋の雑誌をみたり、部屋の綺麗な知り合いの家に行ってみてください。

イメージが具体的にわくと、片付けがしやすいと思いますよ。

イメージがわいたら実際に自分が住む対部屋のイメージをして、片付けを始めましょう。

9.自分がどんな部屋に住みたいのかわかっていない

部屋を綺麗にしたい!

と思ってはいるものの、自分がどんな部屋に住みたいのかを考えていない人は意外に多いです。

まずは、自分がどんな部屋に住みたいのか?イメージを具体的にしましょう。

イメージがつけば具体的な作業にも移りやすいはずです。

10.ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっていると、部屋が汚くなります。そして、部屋が汚いとまたストレスが溜まります。

これでは悪循環です。部屋を片付けてストレスを減らしましょう。

とはいっても、ストレスが溜まっていると片付けをしようと思えないもの事実です。まずは、ストレスを軽減できるように休憩したり、リラックスをしてから片付けを始めることも大切ですね。

11.衝動買いを頻繁にする

衝動買いをしてしまう人も片付けが進みません。考えてみれば当たり前だと思いませんか?

衝動買いをするということが急速に家の中の物が増えるということです。物が増えれば片付けが難しくなります。

収納によって衝動買いをしても大丈夫な状態を作ることもできますが、それでも家のスペースが有限である以上限界はあります。

衝動買いをしなくても精神的にも、実生活的にも大丈夫な生活を作りましょう。

12.計画性がない

計画性がない人も片付けが苦手な傾向があります。

自分の生活の中の物を計画的に管理できていないので、部屋が散らかりやすかったり物を無くしたりしやすいです。

自分の生活の中におけるモノの適正量を把握し、いらないものをどれくらいの期間保存して捨てるか残すのかを判断する習慣をつけましょう。

どうすれば計画的にものの管理ができるのかというテーマはこの記事だけで書ける話ではないので、また別の記事でお話しできればと思います。

13.ものが捨てられない

片付けが苦手な人は、ものを捨てるのが苦手な傾向があります。

物が捨てられない人は、家の中の物が増えるので部屋が汚くなりがちです。

  • もう使ってはいないけどいつか使う気がする
  • いざ捨てるとなると勿体無い
  • 捨てる勇気がわかない

などなど捨てられない人の悩みは後を絶ちません。

実は、ものを捨てられない時の対処法はたくさんあります。片付けの方法を学べばものの捨て方と共にそれでも捨てられないものはどうすればいいのかがわかるんです。これ、すごくないですか?

こちらの動画は片づけ生活で講座を行った時の内容を一部紹介したものです。いらないけど捨てられないものの収納方法について解説しました。

他にもたくさんあります。片付け、勉強してみませんか?

14.片付けを学ぶという発想がそもそもない

そもそもの話、「片付けを学ぶ」という発想がない人がすごく多い。たしかにちまたでは「片付け=家庭の知恵、裏技」ぐらいの雰囲気なので、気持ちはわかります。

しかし、何度でも言いますが、片付けは学んで身に付けるものです。もともと苦手でも、学んで少しずつ実践すれば誰でもできるようになります。

15.片付けの経験が少ない

片付けの経験が少なければ、片付けができないのは同然でしょう。

経験がないことは誰だって苦手なはずです。家が綺麗好きで自然と片付けができている人は、日々の生活の中で片付けの経験が豊富だと言えます。

片付けが苦手で片付けができるようになりたいのであれば、片付けの経験、綺麗な部屋を見る経験を増やすことが重要です。

片付いている部屋、使いやすい部屋が自分の中で当たり前になればなる程、片付けができるようになります。当たり前と言えば当たり前ですけど。

16.荷物の量(持っているモノの量)が多い

荷物の量(持っているモノの量)が多ければ片付けられない。当たり前だと思いませんか?

たくさんのものを綺麗に収納するのは非常に技術が必要で難しいのです。しかも、たくさんのものを綺麗に収納しても、使いやすいかどうかはまた別の話。ものが多ければ管理する負担は増えます。

自分にとって必要なもの、大切なものに囲まれて生活ができるように自分の荷物の量は多すぎないようにしましょう。

どうやってものを減らせば良いのか?これも片付けの方法の中で学ぶことができるので、ぜひ勉強してください。

「収納スペースが足りない家庭のための洋服の整理収納の方法」などの記事でも解説しているのでよかったら参考にして頂けると幸いです。

あわせて読みたい
収納スペースが足りない家庭のための洋服の整理収納の方法お片付けしましょ♪ 「片付けお母さん」の佐藤綾子です。 今回は洋服の収納スペースについての悩みを解決する方法について書いてい...

片付けられない人から片付けられる人になるためのたった2つのコツ

ここまでで、片付けられない人の特徴を書きました。

片付けられない人には共通点があることが理解していただけましたか?片付けられない人はだいたい同じような特徴・原因があります。

では、どうやったら片付けられるようになるのでしょうか?

ポイントはたったの2つ

  1. 片付けの方法を学ぶ
  2. 学んだことを一つでもいいから実践する

これだけです。

整理収納アドバイザー2級認定講座などの講座やこのブログのように片付けの方法を丁寧に学び、学んだことを一つずつ実践しましょう。

最初は思い通りにいかないかもしれません。それでも、少しずつ片付けを実践し、自分の理想の生活やお部屋をイメージし続けることで片付け上手になることができます。

ぜひ、片付け上手になるべく片付けの方法を学びましょう。

最後に

今回は片付けられない人の特徴を16個あげました。そして、片付け上手になるためのコツを2つ紹介しました。

片付け上手になるためには、簡潔にまとめると以下の2つになります。

  1. 片付けの方法を学ぶ
  2. 学んだことを一つでもいいから実践する

ぜひ、片付けの方法を学び、一つずつ実践することで片付け上手への道を進みましょう!

片付けられる人になりたい方のために、「訪問実演片づけサービス」という、一緒に整理収納を行うサービスを用意しています。

「一緒に自分の部屋を見てほしい」という方は下記のフォームにてお申し込みください。





また、私たちは定期的に片付けの方法を学べる講座を用意していますので、お知らせをご確認ください。

関連:片付け生活の新着情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
佐藤 聖史
「片づけ生活」の代表で、このサイトの管理人です。主に当サービスの企画を考えたり、ブログの執筆を行っております。 このブログを読んだり、サービスを受けてくださる方の生活が今よりも少しでも良くなるようなお手伝いができればと思っております。
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ!