書類を整理収納する方法~フォルダを使って簡単に書類を片づける~

書類はいらなくなるスピードが非常に速いので定期的に見直す必要があります。じつは、書類は整理収納がとてもしやすく効果が実感しやすモノの一つなのです。

今回は、書類の整理収納の実例紹介します。いつものようにブログ記事を書くことに加え、動画による音声解説を加えました。

 

 

書類の片づけがよりわかりやすくなるはずです。ではいつものように書き進めていきます。

片づけ前

書類を片づける前(ビフォー)の様子は以下の写真のようになっています。

書類01

そんなに汚いわけではありません。なぜなら、書類は去年の8月に一回フォルダに分けて片づけました。書類のジャンルごとに分けてありますし、書類の内容もある程度把握できています。

しかし、一回整理してから半年たったので少し不便が出てしまいました。何が不便になったかというと

  • いらない書類が少し出てきてしまった
  • 半年ほどたったので把握できていない書類が出てきてしまった

ということです。書類は賞味期限が早いので半年たつといらないものがたくさん出てくるのです。

というわけで、今回は改めて分類をしつつ、書類をまとめていきました。

一回、全部出してみた

とにかくまずは一回全部書類を出しました。

整理するときはまずは一回全部出す

これは整理収納の時には覚えておくといい基本だそうです。自分も母に教わりました。

書類02

一回全部出した後は残しておく書類、いらない書類を分けました。いらない書類は捨てました。意外といらない書類は多いなというのが正直な感想です。

再度分類してラベリング

いる書類といらない書類を分けた後、書類を種類ごとに分けて(カテゴリ分け)、分類しました。

書類を分類したら、分類の名前をラベリングしました。

書類03

フォルダで書類を種類ごとに分け、ラベルで見やすくしました。このラベリング、なかなかに便利なんですよ。自分が持っているものの種類がわかるようになります。さらに「モノの種類の見える化」の役割も果たしてくれるんです。便利ですよね。

ラベリングが終わったら完成です。

片付け後

書類04

最初はフォルダ4つありました。今回、書類の整理、整頓を行うことでフォルダが2つになりました。書類が半分以下になりました。書類が半分以下になるとスペースも確保できますし、書類の把握も断然楽になります。

また、いる書類といらない書類を分けて、書類を改めて種類別にまとめなおしたのでどんな書類があるのかを改めて把握し直すことができました。

ほかにも書類の整理収納についてはいろいろブログで記事を書いているので参考にしてください。正直、「片づけ生活」のブログほど書類の整理収納について丁寧に記事を書いているところそうそうないと思っているんで^^

また使いづらくなったら見直しましょう!

今回の記事で、書類がきれいにできるはずです。しかし、ある程度日にちがたって、生活が変わると書類が使いづらくなる時が来る可能性があります。

その時はもう一度片付けましょう。

片付ける、日にちがたって使いづらくなる、また片付ける…繰り返していくことで快適な生活になっていくはずです。

超簡単な書類の整理収納再び!定期的に、何回でも見直しましょう

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう