ノートの整理

ルーズリーフノートを使ったオリジナル手帳のメリットと自作方法

2019年が始まって、はや2週間以上がたちました。正月ボケは取れましたか?

さて、今回は手帳についてお話をしたいと思います。

新年が始まり、新しい手帳、買いました?それとも、「まだ手帳を買ってない。やばい!」と焦っていますか?

自分は今年は手帳を買わず、ルーズリーフノートを使ってオリジナルの手帳を自作しました。

この記事で自作の手帳の作り方を紹介しつつ、オリジナル手帳のメリットを上げたいと思います。

なぜ手作りの手帳を作ろうと思ったのか?

動画でもアップした通り、2019年はお路地なるの手帳を自作して使っていきます。

なぜ、今までは高橋の手帳やほぼ日手帳など市販の手帳を買って使っていました。では、なぜ今年になってオリジナルの手帳を作ろうと思ったか?

理由は一言で言ってしまえば、「手帳を自由に使いたい」から。ページ数やノートの形式等自分で決めて自由に手帳を使いかったのです。

オリジナルの手帳であれば、毎月何ページノートを使おうと、どのような紙に書こうと、どんなフォーマットで手帳に記入しようと問題いありません。ルーズリーフのノートを手帳にしているので、書式やスペースの制限がないのです。つまり自由!

この自由さに慣れると市販の手帳に戻れなくなりそうです。癖になります。

ルーズリーフノートによる自作手帳の作り方

では、ここからルーズリーフノートを使ったオリジナルの手帳を自作する方法を紹介します。

作り方に関しては動画でも詳しく説明しているのでよかったら参考にしてください。

今回紹介するのはベーシックなオリジナルルーズリーフ手帳です。今回のやり方を参考にオリジナル手帳を作ったらアレンジをたくさんしてください。

必要な材料

必要なものは実はとっても少ないです。基本的に以下の5つを用意すればルーズリーフノートからオリジナル手帳を作ることができます。

①ルーズリーフのバインダー

以下のようなルーズリーフバインダーです。

サイズはお好きなものを選んでください。ちなみに我が家では、母がA5、自分がB5サイズのバインダーを購入しました。

書きやすいノートのサイズってありますよね^^

②ルーズリーフのノート

続いてノート。これも好きなタイプのノートを買ってください。ちなみに我が家では方眼ノートを買いました。方眼ノートって自由に書けていいんですよね~

created by Rinker
maruman(マルマン)
¥140
(2019/05/23 10:05:15時点 Amazon調べ-詳細)

前にも方眼ノートを動画紹介したくらいですし笑

③仕切り

これは各月のノートを区切るためです。

created by Rinker
maruman(マルマン)
¥222
(2019/05/23 10:05:16時点 Amazon調べ-詳細)

④インデックス

自分はまだできていないのですが、一目見ただけで何月なのかがわかるようにインデックスを用意したほうがいいです。

⑤カレンダーが印刷できるサイト

オリジナル手帳ではカレンダーを自分で印刷するので、カレンダーが印刷できるサイトを用意してください。

我が家では、リフィル365というサイトからカレンダーを印刷しました。

具体的な作り方

では、具体的な作り方の手順の説明に入ります。

①必要な材料を購入する

まずは上で書いた必要な材料を5つを用意してください。Amazonでも買えますし、ある程度大きな文房具屋さんであれば必要な材料はそろいます。そんなに変わった商品は購入していないので。

②ルーズリーフのノートにカレンダーを印刷する

これが一番大変な作業かもしれません。少し丁寧に解説します。

まずは、カレンダーが印刷できるサイトを見つけてダウンロードしてください。自分はリフィル365というサイトで印刷しました。

こちらのページではサイズ、種類が豊富にあってどれも使いやすいカレンダーなのでお勧め。我が家は「京の都」というタイプのカレンダーを使いました。

下の画像のオレンジで囲った部分をクリックすると印刷できます。

PCからカレンダーを印刷すれば紙のサイズを印刷前に選択できるので、自分のノートのサイズに合わせればOKですね。

ただし、ここで一つ注しなければならないのが印刷をする紙の向きです。印刷する向きを間違えてしまうと、カレンダーが逆に印刷されてしまい、ルーズリーフノートの手帳として使うことができません。

自分は印刷する向きを間違えてしまい、ルーズリーフのノートを無駄にしてしまいました笑

③バインダーにカレンダーとしきりと差し込む

カレンダーの印刷が終わったら、しきりとカレンダーをバインダーに差し込み1月から12月までの手帳のひな型を作りましょう。

④インデックスをつける

これは自分の手帳ではできてなかったのですが、1月から12月までが一目でわかるようにインデックスをつけましょう。

インデックスを付けるだけで見やすさが全然違います。

これで完成です。簡単でしょう?

 

オリジナル手帳を自作するメリット・デメリット

オリジナル手帳をルーズリーフノートで作るメリット、デメリットを簡単に紹介します。自分で手帳を作ろうかどうか悩んでいる人は参考にしてください。

オリジナルルーズリーフ手帳のメリット

1.自由に書ける

オリジナルの手帳なので、ノートの形式、ノートの種類、サイズ、ページ数、すべて自由です。

2.ページ数を気にすることなく書ける

ページ数を気にすることがないので楽です。書きすぎても問題ありませんし、逆に全く書かなくてもページが無題なることがない。

文字通り、好きなだけ書きましょう。

3.いろんなことを試せる

ノートの形式とページ数にとらわれないので自分が手帳でやってみたいことをいろいろ試せます。

日記を書くもよし、イラストを描くもよし。あなたがビジネスマンであれば、仕事の振り返りのチェックシートを作っても面白いですね。

ちなみに、私は研究室で必要な書類のチェックシートをカレンダーの最初に入れています。

4.ページの差し替えが自由

ルーズリーフノートなので、ページの差し替えも自由にできます。一家ページの差し替えに慣れると、普通の手帳でページを差し替えられないことがストレスになります。

5.自分のアイデア次第で使い方は無限

制限が何もないので、使い方は無限です。

あなたが頭の中でずっとやりたかった手帳の使い方をぜひ試してください。失敗したっていいじゃないですか。次からやめることだって簡単ですから。

今はブログやYouTubeで手帳の使い方を調べてみるといろんな使い方があるので参考にするのもあり。

私たちも動画で使い方を紹介しているのでよかったら参考にしてください。

ルーズリーフ手帳のデメリット

1.ノートを無くしやすい

これはルーズリーフあるあるです。うっかりしているとノートがどこかへ行きます。気を付けて管理してください。

2.何を書けばいいのかわからない

慣れていないと。何を書けばいいのかわからないかもしれませんね。

いろいろ試してください。きっと自分に合った使い方が見つかるはずです。

最後に

今回はルーズリーフノートを使ったオリジナル手帳の作り方と、具体的なメリットを丁寧に解説しました。

手帳というと市販のものを買って使うスタイルが一般的ですが、ルーズリーフから作ると自由にかけて楽しいですよ!

片づけ生活ではこれから手帳の使い方についてもいろいろ紹介すると思うので参考にしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
アバター
佐藤 聖史
「片づけ生活」の代表で、このサイトの管理人です。主に当サービスの企画を考えたり、ブログの執筆を行っております。 このブログを読んだり、サービスを受けてくださる方の生活が今よりも少しでも良くなるようなお手伝いができればと思っております。
【YouTubeチャンネル】片づけ生活のノウハウを動画で見よう!

片づけ生活の片付けノウハウが満載に詰まったYouTubeチャンネルを始めました!

動画で、音声で片付けの方法を学びましょう。YouTubeの動画はすべて無料なので、いつでもどこでも片付けの方法を簡単に学べます。

チャンネル登録をすれば、より簡単に私たちの動画が見れます。

今すぐYouTubeを見る

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください