使い終わったティッシュケースをもう一回使う方法

箱のティッシュは中身がなくなったら捨てるだけ・・・

基本的にはそうでしょう。

しかし、空になったティッシュボックスも工夫次第ではうまく再利用することができることもあります。今回はその方法を見てみることにしましょう。

 

まず、空のティッシュケースと詰め替え用のティッシュを用意しました。

tissue01

次に、ティッシュケースの横を切って詰め替え用のティッシュを中に入れます。

tissue02

すると、こんな感じであら不思議、からのティッシュの箱にティッシュが戻ってきたわけです。ティッシュ復活!なんということでしょう(笑)

tissue03

こんな再利用の方法があるとは思ってもいなかったので、新鮮ですね。ティッシュは箱の中が空になったら捨てるものだと思っていたので、この再利用の方法は思いもよらないものでした。

使い終わったらすぐに捨てるのも大事ですが、いろいろな形で工夫ができるのであればそれもまたありですね。

何か再利用できないか考えてみて、今回のように新しい使い方をすると面白いですね。こういった工夫はうまくいけば楽しくなりますね。うまくいかなくても、もともと捨てるはずのものなので問題ないですし。

またこういった面白い工夫があったらどんどん紹介しますね。

 

投稿者プロフィール

佐藤 聖史
「片づけ生活」の代表で、このサイトの管理人です。主に当サービスの企画を考えたり、ブログの執筆を行っております。
このブログを読んだり、サービスを受けてくださる方の生活が今よりも少しでも良くなるようなお手伝いができればと思っております。

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう