(SPA!より)片付けられなくて部屋が汚い人はストレスがたまりやすく死にやすいらしい…

片付けをしないことは不健康のリスク上昇につながってしまいますよ!

片づけなくたって困らないし、別に死なない?

片付けに興味のない人にとっては片付けはものすごくどうでもいいことかもしれません。

片付けができなくても、何となく自分のモノはわかっているし、片づけてきれいにしなくても特に困らないかもしれないですね。最悪、死ぬわけでもないと思うでしょう。

ところがどっこい!

SPA!の2/14,2/21合併号にかなり衝撃的な記事がありました。

孤独死をしている人の部屋は汚い!?

特集の名前は「需要を縮める不健康ランキング」です。なんていう名前でしょう。

不健康ランキング

この特集では、不健康になる生活習慣がランキング形式で載っています。この特集の中に不健康な人の部屋の状態について書かれていました。

市の理由は、自殺や病気による発作などそれぞれだが、共通しているのは健康状態が悪い人間の部屋は、モノが多くなってしまうという。部屋にモノが溢れると、かえってストレスになるのは実感ある人も多かろう。

ちなみに、ストレスがたまる部屋の要素はこんな感じだそうです。

  1. 部屋がモノで溢れている
  2. 外出が億劫な部屋に住む
  3. 部屋の日当たりが悪い
  4. 紙ゴミがやたらと多い
  5. 人を部屋に入れていない

部屋が汚いとストレスがたまり、不健康にもつながってしまうのかもしれませんね。

こう考えると、片付けをしなくても死なないなんて言うことはできないでしょう。片付けをしないということが自分の健康生活を害することにつながってしまう可能性があるのです

そんなことにならないように、片付けの方法を考えて清潔な部屋で気持ちよく暮らせるようにしましょう。

片付けに関するブログは以下にリンクを貼っておきます。ぜひ参考にしてください。

片づけ生活の片付けブログ

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう