ユーチューバーの人気から動画投稿について考えてみましょう~『YouTubeで食べていく』~

Youtubeのおかげで、動画というものがものすごい身近になりましたよね。

「好きなことで生きていく」なんていう広告も今となってはずいぶん昔のことのような感じがするほど、一般的になってきた気がします。

https://www.youtube.com/watch?v=fIhLHQ2tXQMより 「好きなことで生きていく」広告。随分懐かしい気がします

YouTubeの人気によってユーチューバーという言葉も一般的になってきましたよね。

YouTubeの普及のおかげで、映像や音楽をしたい人にとっては作品を世に届けるチャンスがぐんと増えました。タレントのような活動もしやすくなったんですかね。

その一方で、「ユーチューバー=楽をして稼げる」みたいな図式で考えている人も増えている気もします。

最近ではヤフーニュースでこんな記事がありました。

YouTuberの平均給与「月747万円」算出にネット衝撃

どうやら真相は再生回数トップ20のユーチューバーの再生回数を0.11円(1再生回数の広告収入の予測)をかけたものです。ですから、このニュースはユーチューバーの収入を正確に反映しているわけではないそうです。紛らわしいわ!

ということで、

本当にYouTubeは稼げるのか?今後動画を利用したビジネスはどんな展開を見せるのか?

そういったことをこの本と共に考えてみましょう。

動画投稿について多くのインタビューとともに非常に広く話を展開してくれています。

YouTubeの収入ってどれくらいなの?

先程のニュースでも話題になったようにYouTubeはどれくらい稼げるかがいまいちはっきりしていないというのが実状でしょう。

この本にかなり現実を踏まえた分かりやすい説明が書かれています。

報酬額は変動しますしユーチューバーによっても違ってきますが、大体の見当としては、1再生当たり0.1~0.3円というところでしょう。仮に1再生当たり0.1円だとしたら、1万回再生されて1000円。100万回再生されて10万円です。「動画投稿で稼げる!」といったおいしい話を耳にしたことのある人は、あまりの少なさに意外に思えるのではないでしょうか。

動画で稼ぐこと、動画一本で食べていくことは、本当に大変なことです。

p20、21より

今回のニュースのような事態を予測していたとしか思えない記述ですね笑

「楽して稼げる」という動機じゃ稼げないよ~そんなんでできるほど甘くないぞ~

なんていう話はどんな分野でも同じな気がしますけどね。「楽しいことで稼げる」というのはほかの人にとってはつらくても自分にとっては楽だということだと思いますし。

以下の記事はまさにこのことを述べている良い記事です。一読を。

ホリエモン「人にやらされる作業は、どうしても嫌になるよね」起業と就職、判断の決め手はどこ?

「動画投稿」を様々な面から徹底解説

動画投稿したら、楽して稼げるわけではないと前置きをしたうえで動画投稿について徹底的に解説しています。

  • YouTubeで利益を得る仕組み
  • 面白い動画の作り方
  • 再生回数を伸ばす工夫

等の動画を見てもらうためのコツから始まり、

  • YouTubeで成功している人のYouTubeとの向き合い方
  • 動画メディアの発展の歴史
  • 動画投稿がビジネスの主流になってきた

などの、「動画投稿」と「投稿者」と「ビジネス」の関係や歴史を非常に丁寧に説明しています。

人気YouTuberへのインタビューがふんだんにあるので、実際にユーチューバーがどんなことを考えながらYouTubeと向き合っているのかもよくわかります。

出版されたのが2014年なので今と状況は多少違う(例えばこの本が発売された後にブレイクしたユーチューバーがいたり、この本で取り上げられてるVineのサービスが終わったりなど。)ものの、動画投稿についてここまで多くの内容を網羅している本はこの本以外にないといえるほどの充実度です。

youtube.comより

動画についてかなり考える…

この本を読んだ後は、自分はこれからどんどん身近になる動画とどのように接するのがいいのかすごく考えます。動画を見る場合も動画を作る場合もです。

YouTubeをはじめ、スマホやPCがあればどこでも簡単に映像が見れる時代になったからこそ、企業や何かを表現する人は動画を作るということが今まで以上に簡単に選択肢に入るのです。

テレビにでなくても表現ができるようになっているのですから。

だからこそ、この本の最後にあるように自分の生き方を動画でどう表現するべきかを真剣に考える必要がある気がしてならないのです。

みなさんには、誰かのコピーではなく「自分の動画」を作ってほしいのです。最初からは難しくても、模索をつづけていればいつか自分だけのものにたどり着けるかもしれません。

p222より

動画を見る人も、どんな動画を見るのかをテレビを含め多くの選択肢がある時代ですからどんな動画を見るか考えると思うんです。現に自分も作業がてらどんな動画を見るか結構考えちゃいますし。

動画投稿を考える良いきっかけになる本です。一読してみる価値ありですよ!

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう