[経営論]ユーチューブユーザーの変化から見るサービスの仕掛けの勝負所

すふふ今回は、経営にかかわっている人向けのがっつりビジネスネタでございます。

YouTubeを絡めて「ビジネス勝負所」について考えてみましょう。

YouTubeの勝負所は今!?

フォーブスでYouTubeの利用状況について書かれている記事がありました。

多国籍化するユーチューブ 英語圏の再生は「全体の2割」のみ

記事によると、YouTubeの視聴者の割合を見ると、英語圏の市長は全体の20%程度だそうですよ。もっと多いと思っていたので、正直驚きです。

今年(2017年)3月のトップ100を見ると、そこで使用される言語は英語、スペイン語、ヒンドゥー語、韓国語、ロシア語、さらにはタイ語と多岐に渡っていた。

また、最多再生回数を誇る動画は依然として韓国のPsyの「カンナムスタイル」だ。また、インドや韓国の人気シンガーの新作が米国の人気シンガー以上の再生回数を獲得するケースはこれまで以上に増えている。

ユーチューブの担当者によると、2016年の下半期において全再生回数のうち40%がラテンアメリカからもたらされた。また、英語圏からの視聴は全体の20%でしかないという。

米国やカナダ、欧州の利用者らが音楽を聞く場合、モバイルでの利用に最適なストリーミングサービスに主軸を移している。スポティファイやアップルミュージックは規模ではユーチューブに劣るが、プレイリストやオフラインでの聴取で利用者の心を捉えている。

その一方、ユーチューブは無料で利用可能で、数千曲もの楽曲が楽しめる点で新興国の利用者にアピールしている。新興国ではストリーミングのプレミアムサービスを利用したくても、サービスがまだ導入されていない地域も多い。

音楽業界側から見ると、この状況は非常に悩ましいものではあるが、ユーチューブは依然として巨大なユーザーベースを抱えており、この状況はしばらく変わりそうにない。

多国籍化するユーチューブ 英語圏の再生は「全体の2割」のみより

技術が浸透している地域ではSpotifyなどのストリーミングサービスが浸透しているといるので、視聴者の割合が変わってきているそう。つまり、音楽を聴くためにYouTubeを使っている人が欧米中心ではなくなってきているわけです。

ということは、ストリーミングサービスが新興国にまで浸透してくると、YouTubeのユーザーの規模が小さくなってきてしまうということも考えられますね。あんまり想像できませんが…

そう考えると、YouTubeは今後、音楽視聴以外の視聴者をしっかりつかむ必要が出てくるということになるでしょう。アメリカで「YouTube TV」という、テレビ放送を見ることができるサービスが始まったのも視聴者をつかむための素早い動きと取ることができます。というか純粋に、日本でもこのサービス始まりませんかね…笑

テレビ放送をそのまま配信する「YouTube TV」発表。CATVの半額、録画は容量無制限より

また、ユーチューバーという形で独自のコンテンツを作ってくれるクリエイターを手厚くサポートしているので、視聴者にオリジナルのコンテンツを大量に届けることもできています。今後、ユーチューバーを絡めたコンテンツやキャンペーンもどんどん展開されることが予想されます。

まさに、YouTubeからすれば音楽以外のコンテンツを充実させ、視聴者にファンになってもらうための仕掛けを打つべき勝負所だということができるのでしょう。

あなたの商売の勝負所はいつ?

このYouTubeの事例からわかることは、自分たちのビジネスについてのお客様や特徴の変化を分析すれば勝負どころが見えてくるのではないかということです。

タイミング、予算、コンテンツ、等々、どんな手を打てばいいのかについて大きなヒントを得ることができるでしょう。

私たち「片づけ生活」の場合もサービスを受けてくださったお客様や「整理収納アドバイザー2級認定講座」の状況などを見ることで、新しいサービスの必要性を知ることができました。

今までのお客様にもっと片づけのことを考えてほしい、もっと多くの人に片付けの大切さを知ってほしいと思った時に新しいサービスを作り、ブログを充実させることが重要だとわかったのです。

あなたのビジネスのお客様と、ビジネスの状況を見直してみてください。YouTubeのようなものすごい一手ではなくてもあなたのビジネスを前進させるきっかけが見えてくるかもしれません。

YouTubeについて気になる人は以下の記事にYouTubeのことについていろいろ書いたので、そちらをどうぞ

ユーチューバーの人気から動画投稿について考えてみましょう~『YouTubeで食べていく』~

投稿者プロフィール

佐藤 聖史
「片づけ生活」の代表で、このサイトの管理人です。主に当サービスの企画を考えたり、ブログの執筆を行っております。
このブログを読んだり、サービスを受けてくださる方の生活が今よりも少しでも良くなるようなお手伝いができればと思っております。

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう