[書類収納の悩み]クリアファイル、レール式クリアフォルダ、クリアブックの使い分けはどうすればいい?

クリアファイル・クリアホルダー・クリアブック…どれを使えばいいのかわからない人のための使い方

書類の収納に悩んでいる人のために、以前、クリアファイル、レール式クリアフォルダ、クリアブックを紹介しました。

用途が少しずつ違い、上手に使うと書類の収納が非常に快適になります。詳しい内容は以下のリンクを貼っておきますので、読んでみてください。

クリアファイル、レール式クリアフォルダ、クリアブックの3つの違いはわかりますか?わからないという人は多そうです。

書類の収納で役に立つクリアファイル、レール式クリアホルダー、クリアブックとは?詳しく見てみましょう!

クリアファイルで書類を入れられるクリアブック26穴

クリアファイル、レール式クリアフォルダ、クリアブックの使い分け方は?

以前の記事にも使い分けについては丁寧に書いたのですが、それでも使い分け方に関してはまだまだある気がするのです。

そこで、今回はどのような場面でクリアファイル、レール式クリアフォルダ、クリアブックを使い分けるのかを考えてみることにします。

基本的な使い分け(使用頻度と重要度)

基本的には書類の使用頻度、重要度によって使い分けることになるでしょう。ざっくり書くと、

  • クリアファイル→よく使う紙。使い捨ての紙や枚数が少なくてよく取り出す紙
  • レール式クリアホルダー→枚数が多くてよく使いもの。よく書き込むもの
  • クリアブック→思い出のもの、絶対なくせない書類、傷つけられない書類

といったところでしょうか。

使用頻度と重要度で使い分けると、書類を入れている入れ物を見るだけでどれくらい使うか、どれくらい重要かが自分で把握できるので楽ですね。

定期的に書類の整理、処分をする時にも例えば、クリアホルダーに入れていてほとんど見ていなければ大切な部分だけ抜き出してクリアファイルに入れるといったこともできます。

書類の使用頻度、重要度が書類を収納しているグッズでわかるので、見直しやすいのです。

書類の種類によって分ける

先ほどの分類と被る部分がありますが、書類の種類で分けるのもわかりやすそうです。

例えば、

  • クリアブック→写真、契約書類など
  • レール式クリアホルダー→セミナーなどの資料
  • クリアファイル→その他書類

などでしょうか。これはこれで便利そうです。

使う人によって使い分ける

家族暮らしの場合は、使う人によって分けるのもありでしょう。

  • クリアブック→全員が見る書類
  • レール式クリアホルダー→複数の人数でみる書類の束
  • クリアファイル→個人で見るもの

などでしょうか。

この分類と、ほかの分類を合わせてもよさそう。全員が見る写真や複数の人が見るしょるの束などをクリアブック、個人で使う束の書類をクリアホルダーといった分類でしょうか。

ポイントは「どう分類するか?」

いかがでしょうか?

今回はクリアファイル、レール式クリアホルダー、クリアブックの使い分けをどうすればいいのかを考えていました。

重要なのは、書類の種類をどのように分類をするかです。

書類の分類の仕方によって、収納の方法、クリアファイルの使い方が変わってきます。

まぁ、書類に限らずものをどのように分類するのかは非常に大切な話なので、書類の整理収納を行うことで練習してみてください。

以前に書いたこんな記事が参考になるかもしれないです。

書類がキレイに片づく!簡単な整理収納方法の確認と3つの書類収納グッズ

動画でもいろいろしゃべっているので、見てみてください!

もし、書類の収納についてわからないことがあったら、私たちは片付けの方法についてアドバイスをしていますので、参考にしてください。

「部屋が片付かない!」などストレスを抱えているあなた!「片付けお母さん」に片付けのコツを聞いてみませんか?

 

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう