書類の収納を簡単にするためのクリップの3つの使い方

今回はクリップを使っての書類の収納を紹介します。

クリップはどこでも簡単に手に入るだけに、上手に使いたいところです

 

クリップを使って書類を止めるということはよくやっていると思います。しかし、さらに工夫をするとより書類を簡単に収納することができるはずです。見ていくことにしましょう。

書類の整理をさらに便利にするクリップ

以前に書類の整理収納についての記事を書きました。

クリップを使うことでこの時に書いた書類の整理収納がより便利になるはずです。クリップを書類の収納で使うときに大きく3つの方法があると思うんです。

1 ファイルやフォルダの代わりとして書類をまとめる
2 ファイル内の書類を分類するために利用する
3 特別な書類であることを強調する

簡単に説明します。

1 ファイルやフォルダの代わりとして書類をまとめる

ファイルやフォルダがあればそれらを使って書類をまとめることをお勧めします。

書類04

上の写真は以前に書類の片づけをした時の写真です。このブログで詳しい内容な書いているので、よかったら読んでください。

ただ、どうしても書類の数分だけファイルを用意することができない可能性もあります。そういったときはファイルの代わりにクリップを使うことで書類を分類することができるでしょう。

ただ、この場合はファイルと違って書類が裸の状態で収納することになるので、ファイルの収納よりも書類が傷みやすいです。管理には十分に気を付けてください。

2 ファイル内の書類を分類するために利用する

書類を整理収納すると、フォルダ内の書類がわかりやすくなります。

file02

しかし、時にはクリアファイル内の書類を区別したくなる可能性があります。

そういった場合、クリップを使うと便利です。クリップをしてクリアファイルに入れればクリアファイル内の書類をさらに分類することができます。

クリアファイルについては以下のリンクの記事で詳しく書いているので、読んでみてください。

書類の収納で役に立つクリアファイル、レール式クリアホルダー、クリアブックとは?詳しく見てみましょう!

3 特別な書類であることを強調する

これが一番わかりやすい使い方かなという気がします。

書類の中でも毎日のようによく使うものだったり、ファイルに入れていてもこれだけはいつでもわかるようにしておきたいというものはあるはずです。

そういったときは重要な書類だけクリップで止めておけば簡単に強調できます。紙一枚でもクリップで止めておけば重要あることがわかりますし、ファイルに入っている書類でもクリップを止めておくことで書類の重要度を上げることができます。

最後に

いかがでしょうか?

今回は書類を収納するときに便利なクリップの使い方を紹介しました。

よく使うクリップですが使い方を確認することで書類の収納に役に立つのではないでしょうか。改めて確認してみてください。

 

投稿者プロフィール

佐藤 聖史
「片づけ生活」の代表で、このサイトの管理人です。主に当サービスの企画を考えたり、ブログの執筆を行っております。
このブログを読んだり、サービスを受けてくださる方の生活が今よりも少しでも良くなるようなお手伝いができればと思っております。

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう