自分は「有害な人」になっていないか、確認しておきたいですね

有害な人なんて考え方があるんですね…

疫病を避けるように遠ざけたい「有害な人」5タイプ

 

この記事では以下のような人が「有害な人」だそうです。

  • 不公平な人
  • 受動攻撃型の人
  • 許さず、信用しない人
  • 懲罰的な人
  • うそで塗り固めた人

こういった人を有害な人というそうです。この有害な人は付き合う意味がないので相手にしないようにしましょうと書かれています。自分の中に余計なストレスを入れないということですね。

本当に有害な人たちには、時間もエネルギーも費やす価値はない

彼らは不要に物事を複雑にし、衝突を招く。最悪なのは、あなたのストレスの原因になることだ。

業績トップの人たちの90%には、ストレスを感じているときでも冷静さを保ち、自分を制御するため、感情をコントロールする能力があるということが分かった。さらに、こうした人たちが持っている最大の能力の一つは、有害な人間を特定し、彼らを寄せ付けずにおけるということだ。

人のことを認めず、自分のことばかりではだれもついてきてくれないということでしょうか。

自分だけ得をしよう。何かを売り込もう。そんなふうに自分の利益ばかりを追う人のところからは、誰もが離れていきます。

『何を捨て何を残すかで人生は決まる』p105より

これを読んでいて怖いなと思ったんです。何が怖いかというと、自分の時間を無駄にしないために有害な人と付き合わないのはいいんです。自分で努力すればいいですから。問題は自分が有害な人になっていないかどうかということです。

他人に聞くこともできませんから、自分で確かめるしかないですね。

有害な人は誰の得にもなりません。自分がそう言う人だと思われるのは誰だっていやだと思います。自分だっていやですから。せっかくなので、時間を少しとって確認してみてもいいかもしれませんね。

投稿者プロフィール

佐藤 聖史
「片づけ生活」の代表で、このサイトの管理人です。主に当サービスの企画を考えたり、ブログの執筆を行っております。
このブログを読んだり、サービスを受けてくださる方の生活が今よりも少しでも良くなるようなお手伝いができればと思っております。

片付けをしてほしいのではなく、自分でできるようになりたいあなたのためのサービスです!

「片づけ生活」のサービスは「片付けをしてほしい」のではなく、「自分でできるようになりたい」あなたのためのサービスです。

講座や見学ツアー、個別指導などあなたに片付けの方法を伝え、自分で片付けられるようになるために、様々なサービスをそろえています。

さぁ、時間は限られています。今すぐ学びましょう